キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【便利】自分の「信用情報」を調べることができる!!

キャッシングを利用しようと考えている方にとって難関になるのが、「審査」です。審査に落ちないように、審査のコツなどを調べると思いますが、自分で判断できることができます。

その方法としては、「信用情報」を調べることです。

信用情報とは

信用情報とは、銀行カードローンや消費者金融などの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの借入者の状況を表す情報です。

信用情報には、借入者の情報が記録されており、新たに銀行カードローンや消費者金融などの利用を希望する際に、キャッシング会社などが借入者の「信用力」を判断するめの参考情報として確認します。

そのため、返済が遅れていたり、滞っていたりすると、信用情報が傷つき、事故情報、俗にいうブラックリスト・ブラック情報になり、審査が通らなくなります。

信用情報を取り扱っている3つの機関

信用情報は信用情報機関に記録されており、その機関は3つあります。「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」と「JICC」と「CIC」です。

キャッシング会社は、これらの信用情報機関に登録することで、申込者の信用情報の確認ができるのです。つまり、JICCに登録していると、JICCに登録されている他社の借入者の情報を確認することができるので、ブラック情報になると、情報共有され審査に落ちてしまうのです。

キャッシング会社によって登録しているところが異なり、1つだけであったり、3つの信用情報機関を登録しているところもあります。

自分の「信用情報」を調べることができる

キャッシングカードやクレジットカードを持っている方なら、自分の「信用情報」を調べることができます。ただし、そのキャッシング会社やクレジットカード会社が3つの信用情報機関のいずれかに登録されていないと確認はできません。

申し込みの方法は、インターネットや窓口などからできます。その際、500~1000円の手数料が発生します。

信用情報を調べてからキャッシングの申込みを

キャッシングの申込みで賢いやり方は、自分の信用情報を調べてから申込みの判断をすることです。

というのも、1ヶ月にキャッシング会社に申込みできるのが、約2社だといわれており、3社以上の申し込みは多重申し込み者としてレッテルを貼られる可能性があるのです。

また、申込みをしてから6ヶ月間は記録が残ってしまうので、6ヶ月間は他社の申込みをしても審査に落ちてしまいます。

なので、事前に信用情報を調べておき、2社に絞り申込みをするやり方が賢い申込みになります。

信用情報に問題がなかったらキャッシングカードを作っておこう

信用情報に問題がなかったらキャッシング会社に申込みをし、キャッシングカードを作っておきましょう。

人生には、突然のトラブルでお金が必要になるケースもあります。そういった場合に、キャッシングカードがあれば問題解決ができます。たくさん持てとはいいませんが、一枚、二枚だけでも持っておくことをおすすめします。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断