キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【疑問】公共料金を滞っているとキャッシングできないの??

キャッシングの審査において、公共料金は関わってくるのでしょうか。そもそも、公共料金とキャッシングの審査に関係性はあるのでしょうか。

今回は公共料金とキャッシングの関係性についてお話しします。

公共料金を滞っていてもキャッシングできるのか

電気やガス、水道、NHK受信料といった公共機関の料金を滞っていても、信用情報機関に記録が登録されることはありません。

しかし、公共料金をクレジット払いにしていて、そのクレジットカードの引き落としを滞納していると、信用情報機関に滞納していることが登録されてしまい、キャッシング会社に申込みをしても、審査に落ちる可能性があります。

信用情報機関とは

信用情報機関とは、個人の借入状況などの情報を記録してある機関のことです。キャッシング会社などは、審査や貸付けをする際に、その情報を基に審査をします。そのため、返済が遅れていたり、滞っていると、事故情報(俗にブラックリスト、ブラック情報)に登録されてしまい、審査が通らなくなります。

また、上記にあるように信用情報機関では、公共料金や税金などの支払い状況を管理していません。

キャッシング会社が公共機関に滞納の確認することはあるのか

キャッシング会社が公共機関に料金の滞納の確認をすることはありません。それは、審査に関係のない個人情報だからです。

もしキャッシング会社をその行為をした場合、プライバシーの違反になります。また公共機関も、個人の情報を明かす行為はしません。

キャッシングしたお金を公共料金に充てることができる

公共料金を滞納してしまい、電気やガスなどが停止してしまった場合、キャッシングしてそのお金で滞納した料金を支払うことが可能です。

引き落としたお金は、借入者の自由に使うことができるので、公共料金に充てても問題はありません。

キャッシング会社によって、初月に返済すれば無利息などのサービスがあるので、どうしても今月厳しいという方にはおすすめです。

あらかじめキャッシングカードを作っておくと良い

なんらかのトラブルにより、お金に困ってしまい、電気やガスが止まってしまうケースがあるかもしれません。そうなると、生活もままならない状況になってしまいます。なので、生活に困らないためにも、あらかじめキャッシングカード作っておきましょう。

その際に、金利、最低返済額、限度額などキャッシング会社を比較し、自分に合ったキャッシング会社を選ぶことが大切になります。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断