キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

任意整理の条件と必要な書類

借入の返済ができなくなった方が、最終手段として考えるのが債務整理です。その債務整理には「特定調停」「任意整理」「個人再生」「自己破産」の4つがあります。

今回は債務整理の一つである任意整理の条件と必要な書類についてお話しします。

任意整理の条件と必要な書類

任意整理とは

任意整理とは、その言葉通り「任意で借金を整理すること」、つまり裁判所などの公的機関を通さずに、借入者と貸付者の間で利息や毎月の返済を減らしてもらえるように交渉して、借入者の支援する手続きです。

債務整理の中でも、最も利用される一つです。

任意整理の条件

原則として、借入残高を3~5年の間に分割払いで完済できるかどうかが重要となります。また、安定した収入があり、返済を続けようと意志がある方でないと利用できません。

任意整理は借金をすべて無くすわけではなく、元本を返済を完済できるようにするためのものであり、すべて無くしたいという方には向いていません。

まとめますと

  • 3~5年をかけて返済しなければならない
  • 返済する意思がある
  • 安定した収入がある
  • 以上になります。

    任意整理の手続きに必要な書類

    任意整理は公的機関を通さないものの、必要な書類があります。

    主に以下の書類が必要になります。

  • ①身分証明書
  • ②借金の残高を示すもの
  • ③貸付者との契約書
  • ④悪徳業者との取引履歴がある場合はその記録
  • ⑤クレジット・キャッシングカード
  • ⑥印鑑
  • ⑦確定申告書や収入が証明できるもの
  • ⑧登記本や保険証書(財産が持っている場合)
  • ⑨退職金などの書類
  • 以上の書類が必要になります。

    中には自分でやる方もいる

    公的機関を通さないため、弁護士や司法書士などの専門家に相談せずに、自分で処理する方がいます。

    ただし、複雑な法律問題が含んでいたり、裁判所や貸付者と何度もやり取りをしないといけないので、大変手間で、肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。なので、多少の費用が掛かったとしても、専門家に相談しましょう。プロに任せた法が、借金問題を早く解決でき、トータル的にもお得です。

    計画のある借入を

    借入で多くの方がしてしまうのが、返金ができないのにも関わらず借入を続けてしまうことです。キャッシングなどの借入は確かに便利なサービスではありますが、自分が苦しくなるほどの借入は意味がありません。

    なので、借入をする際は、自分に合ったキャッシング会社を選択し、エクセルなどに返済計画をまとめておくと、自分の限界が目に見え、無理が借入はしなくなります。

    これらを踏まえたうえで、キャッシングを利用しましょう。

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    一秒で借りれるか分かる!借入診断

    一秒で借りれるか分かる!借入診断