キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【驚愕】ギャンブルからの借金は自己破産できない!?

ギャンブルから借金が膨れ上がり、毎月の返済が間に合わず、自己破産をしようとしても「免責許可」が下りるかどうかが問題です。

では、ギャンブルからの借金は自己破産できるのでしょうか。

今回はギャンブルからの借金による自己破産についてお話しします。

自己破産=借金がゼロというわけではない

自己破産をしたら借金がすべて無くなると多くの方が思い込んでいますが、細かく言うと、自己破産をして「免責許可」が下りないとすべての借金は無くなりません。

免責許可が下りない原因

免責許可は必ずしも下りるわけではありません。その原因として以下の要因が考えられます。

ただし、該当するからと言って、免責許可が下りないわけではなく、あくまで可能性です。

①財産(資産)の不当処分

提出する財産(資産)目得に、わざと財産の一部を明記しなかったり、不動産等の名義を自分以外の家族名義に変更したりなどです。

②ヤミ金・クレジットカードの現金化で遅延

法的な金利でヤミ金から借入をしたり、クレジットカードの現金化を行ったりした場合ですが、破産手続開始を遅延させる目的があったかどうかが問われます。

不当だと発覚すれば、免責許可は下りません。

③虚偽による借金

破産申立日から1年以内に借入件数や借入金額、個人情報を偽って借金をすると、免責許可が下りない可能性があります。

④偏った返済

たとえば、親族に借金をして返済をしているが、第三者に借金をしてまったく返済をしないような場合です。

⑤浪費・ギャンブル

浪費・ギャンブルのような私利私欲での借金は、貸付者に損害を与えたと捉えらる場合があります。

⑥支払い能力がある

借金が多額であっても、裁判所が支払い能力があると認識した場合、免責許可が下りないことがあります。

免責許可が下りないと借金はそのまま

自己破産の手続をしたが、免責許可が下りなかった場合、借金はどうなるのでしょうか。

借金は、そのまま返済する義務を負うことになります。

免責許可が下りなかった場合、近いうちに再度申請しても同じように免責許可は下りませんので注意してください。

免責許可が下りない上に信用情報がキズつく

免責許可が下りなかった場合、借金もそのまま返済しないといけませんが、ほかにも信用情報が事故情報(俗にいうブラック情報、ブラックリスト)として記録されるという最悪のケースになります。

免責許可が下りなかったとしても、自己破産の手続をした時点で事故情報になってしまうのです。

さらに、借入先から返済請求が来てしまうので、本当に辛い状況になります。

個人でやらずに専門家に相談しよう

自己破産の手続は個人でもできますが、間違ってしまったり、なんらかのトラブルによって、免責許可が下りなくなるといった最悪の状況になる可能性もあるので、弁護士や司法書士など専門家に相談しましょう。

自己破産よりも、最適な方法を提案してくれる可能性もあります。

無理のないキャッシングを

自己破産はしないことには越したことはありません。なので、無理のないキャッシングをすることが大切です。その方法としては、返済計画をエクセルなどにまとめ、目に見える形にすると良いでしょう。

またキャッシング会社によって金利、返済期間など異なるので、自分に合うキャッシング会社を選ぶことも大切です。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断