キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

自己破産の条件と必要な書類

借入による返済がどうしてもできない人が取る処置として、自己破産を候補にあげる方も少なくありません。

では、自己破産の条件と必要な書類はどんなことでしょうか。

今回は自己破産の条件と必要な書類についてお話しします。

自己破産の条件と必要な書類

自己破産とは

裁判所に「破産申立書」を提出し、「免責許可」をもらい、現状抱えている借金をすべて無くすという手続です。

破産ができるのは、申立者の借金総額、収入、資産などの状況から総合的に判断されます。

自己破産の条件

自己破産は、収入を超える借金を作ってしまい、返済ができないという理由だけでは、必ずしも認められるわけではありません。

「借りたお金は返す」が社会のルールであり、破産を認めるためには、それ相応の理由が必要となります。

破産申立てを受けた裁判所は、借金を抱えた申立者の年齢、職業、給料などを総合的に判断し、申立者の支払能力があるのかどうかを見極めます。この総合的に判断するという点が、とても重要になってきます。

たとえば、無職で収入がなくても年齢が若ければ、裁判所は支払能力があると見なし、破産が認められないケースがあります。

なので、安易に借金を作ってしまい自己破産の申立をしても、裁判所の許可が下りず、返済を続けないといけない可能性があるということです。

これらのことを簡単にまとめますと

  • 返済に充てれる財産を持っていない者
  • 返済に充てる金銭を調達することが難しい状態にある者
  • すでに履行期にある返済が滞っている者
  • 継続的かつ客観的に見て、弁済能力がないと判断できる状態にある者
  • 以上を満たしていないと自己破産の免責許可が下りない可能性があるということです。

    自己破産の手続きに必要な書類

    自己破産の手続きに必要な書類は、裁判所によって異なるので、事前に調べておく必要があります。

    主に以下の書類が必要になるので、参考にしてください。

  • ①破産申立書・免責申立書
  • ②陳述書
  • ③債権者一覧表
  • ④資産(財産)目録
  • ⑤家計の状況
  • ⑥住民票
  • ⑦給与明細書の写し
  • ⑧源泉徴収票の写し
  • ⑨戸籍抄本
  • ⑩市民税・県民税課税証明書
  • ⑪貯金通帳の写し(残高証明書の写し)
  • ⑫賃貸契約書の写し
  • ⑬不動産登記簿抄本
  • ⑭退職金を証明する書面
  • ⑮車検証の写し
  • ⑯自動車(自動二輪)の査定書
  • ⑰保険解約返戻金証明書
  • ⑱保険証券の写し
  • ⑲年金等の受給証明書の写し
  • ⑳公的助成金(生活保護)、年金証明書の写し
  • ㉑財産相続明細書
  • ㉒財産分与明細書
  • ㉓クレジットカードやキャッシングカード
  • 計画のある借入を

    返済ができなくなるような借入をしないためにも、借入をする際は返済計画を立てるようにしましょう。返済計画を立てることにより、生活が苦しくなるような借入をしなくなります。また、キャッシング会社によって金利、最低返済額などが異なるため、借入をする前に比較することも大切です。

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    一秒で借りれるか分かる!借入診断

    一秒で借りれるか分かる!借入診断