キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【債務整理】任意整理について

借金の返済がどうしてもできないと状況の時に利用するのが「債務整理」です。債務整理には「特定調停」「任意整理」「個人再生」「自己破産」の4つの種類があります。

今回は債務整理の一つである「任意整理」についてお話しします。

債務整理の一つである「任意整理」について

任意整理とは

任意整理とは、その言葉通り「任意で借金を整理」すること、つまり裁判所などの公的機関を通さずに、弁護士や司法書士が借入者と貸付者の間で利息や毎月の返済を減らすように交渉して、借金を軽減する手続をすることです。3~5年をかけて返済できるように、交渉するため借金がすべて無くなるわけではありません。

任意整理のメリット

任意整理は裁判所などの公的機関を通さないため、手続しても「官報」に載ることはありません。なので、第三者に知られることがないということです。

また、弁護士や司法書士が交渉してくれるので、借入者(任意整理の申込者)が貸付者と直接やり取りする心配がありません。弁護士や司法書士に依頼すると、その時点で貸付者は借入者に直接取り立てをすることができなくなります。なので、精神的に安心できます。

今まで払っていた過払い金なども取り戻すことができ、将来的に発生する利息がカットされるメリットもあります。

メリットをまとめますと

  • 裁判所などの公的機関を通さない
  • 「官報」に載らないので、第三者に知られない
  • 弁護士や司法書士に依頼することにより精神的に安心できる
  • 過払い金が戻ってきたり、借金が軽減できる
  • 以上になります。

    任意整理のデメリット

    任意整理のデメリットは、信用情報に記録が残ってしまうことです。そうなると、キャッシング会社を利用できなくなり、大きな買い物したいときにローンを組もうとしても審査が通りません。なので、一部の生活が制限されます。

    ただ、任意整理を行ってから7年以上経過すれば、記録が消えるので、新たにキャッシング会社の契約ができるようになります。その際は、任意整理を行ったキャッシング会社の契約は審査が通らないので、他社と契約するようにしましょう。

    任意整理すると家族に影響があるのか

    任意整理をしても家族に影響はありません。影響があるのは、手続をした本人だけになります。これは、任意整理だけでなく、すべての債務整理にもいえます。なので、子供や親せきなどの進学・就職に障害になることありません。

    ただし、家族の方が保証人になっている場合、申込者に代わって返済をしなくてはいけない場合もあります。

    独りで悩まずに相談を

    自分一人で借金を悩んでいても、なかなかベストな解決方法を考えれません。なので、弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。彼らはその手のプロなので、悩んでいる方の悩みをベストな方法で解決してくれます。自分が考えていることよりも、より良い案を出してくれる可能性もあります。

    計画の借入を

    借入に大切なのは、無理のない借入をすることです。自分の生活がままならない借入をするということは、自分を苦しめることになります。

    なので、借入をする際は、エクセルなどに返済計画などをまとめ、自分の許容範囲を知っておきましょう。キャッシングする際は、その許容範囲内で行い、賢く利用することが大切です。

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    一秒で借りれるか分かる!借入診断

    一秒で借りれるか分かる!借入診断