キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

過払い返還請求の条件と必要な書類

2010年6月に利息制限法が改正されました。それにより、賃金業者に対して、さまざまな義務が生じました。過払い金返還もその一つです。

今回は過払い金返還請求の条件と必要な書類についてお話しします。

過払い金返還請求の条件必要な書類について

過払い金返還請求とは

過払い金(グレーゾーン金利)とは、賃金業者が利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことをいいます。

2010年の利息制限法の改正前から、「総額10~100万円未満のキャッシングについては、18%以上の利息は取ってはならない」と定められていたのにも関わらず、多くの賃金業者がこの法律に違反し、18%以上の利息を取っていました。

しかし、利息制限法の改正により、最高裁判所で賃金業者は利息制限法で定められた以上の過払い金を、改正前の利用者に返還しなければならないと判決が下りました。これを過払い金返還請求と言います。

過払い金返還請求は、最高裁判所も認めている、利用者の当然の権利なのです。

長期期間返済を続けていた方が、払い過ぎた利息を100万円以上も取り戻すことができた事例もあります。

過払い金返還請求の条件

改正前に賃金業者を利用している場合、過払い金返還請求を利用できる可能性があります。現在も当時の返済をしている方でも過払い金返還請求で、借入総額を減額できたり、金利を下げることができます。

ただし、中には利息制限法の制限内を遵守していた場合もあるので、その場合も利用できません。

また、完済してから10年以上経過している場合、時効扱いになってしまいます。

過払い金返還請求に必要な書類

過払い金返還請求に必要な書類は特にありません。必要はありませんが、利用していたクレジット・キャッシングカードを持っているとスムーズに行われ、確実です。

過払い金返還請求の注意点

過払い金返還請求を利用すると、その賃金業者は解約されてしまいます。今後もキャッシングを利用することがあるという方は、他社との契約を新たにする必要があります。

また、過払い金が発生していないのにもかかわず弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、信用情報に傷がつき、新たなに契約しずらくなる可能性があります。

専門家に相談しよう

過払い金返還請求は専門家に依頼しなくても、自分で賃金業者に交渉して、返還することが可能です。ただし、その手続ややり取りは大変なため、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

また過払い金返還請求するにも、上記にある注意点を考慮して行いましょう。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断