キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【注目】違法な悪徳賃金業者の特徴

大手キャッシング会社なら問題ありませんが、高金利だったり、必要以上の個人情報を取得するような悪徳賃金業者が存在します。キャッシングの利用を考えている方は、その悪賃金業者の特徴を把握しておかないと、騙されてしまう危険性があります。

今回は悪徳賃金業者の特徴についてお話しします。

違法な悪徳賃金業者の特徴

2010年の賃金業法により、違法な悪徳賃金業者は粛清されてきました。粛清されてきたものの、まだまだ悪徳賃金業者は存在します。

大手キャッシング会社ではなく、中小賃金業者の利用をしよと考えている方は、悪徳賃金業者に騙されないようにも、特徴を把握しておきましょう。

違法な貸付けを行う

賃金業者は、「利息制限法」と「賃金業法」に基づいた貸付けを行う義務があります。しかし、悪徳賃金業者は高金利だったり、総量規制以上の貸付けを行ったりします。

①高金利な貸付け

利息制限法は、賃金業者が借入者に貸付をする際に発生する金利を金額によって定めれています。

借入額上限利率
10万円未満20%以内
10~100万円未満18%以内
100万円以上15%

上記にある表を上回る金利の貸付は違法です。

耳や目にしたことがあるのトイチは、10日で1割の利息を取ることです。これを年利に計算すると、365%以上という異常な数字になります。

②総量規制以上の貸付け

賃金業法では、総量規制によって、個人の年収額の3分の1までの制限があります。なので、年収関係なく、貸付けを行おうとする賃金業者はすべて違法です。

国・都道府県に登録していない

賃金業を営むためには、国・都道府県から営業の許可を受け、登録しなければなりません。したがって、登録なしに貸付けを行う業者はすべて悪徳賃金業者ということになります。登録番号は、金融庁などの公的機関で「登録賃金業者情報」で調べることができ、登録されていなかった場合は全て悪徳賃金業者になります。

悪徳賃金業者の勧誘方法とは

悪徳賃金業者の勧誘方法は、電話、メール、貼り紙、チラシ広告などさまざまな方法で行われてきましたが、最近は「紹介」が主流になっています。

利用者に対し、「他にお金に困った人がいたら紹介してください。紹介してくれたら借入額を減らします」と話を持ち掛け、そこから新しい客を探すのです。

また、紹介された人は信頼できる人からの紹介だからと信用してしまい、違法な貸付けをされてしまうのです。

そういった事例は、毎年のようにあり危険です。

賃金業者の紹介は、大手賃金業者以外は信用しないでください。

悪徳賃金業者ほど親身に話を聞く

ドラマや映画のような言葉遣いが悪かったり、暴力的な悪徳賃金業者のスタッフはあまりいないでしょう。むしろ、利用者の話を親身に聞いてくれるスタッフが多いといわれています。

利用者の多くは何か悩みを抱えています。そこを上手くつけ狙い、利用者の悩みや不安を親身に聞き、信頼を得ています。また、基本電話でやり取りをするので、電話も高確率で出てくれるので、なお信頼してしまいます。

悪徳賃金業者はその手のプロなので、人間の弱いところを分かっており、会話も上手いので、騙されてしまいます。

なので、どんなに人が良さそうで信頼できそうでも、登録番号があるか確認してから利用しましょう。

大手キャッシング会社を利用しましょう

利用者の方が独自に調べて悪徳かどうか判断するのは、大変手間です。そうするよりかは、大手キャッシング会社を利用したほうが、何かと安心です。

大手キャッシング会社を利用する際も、金利、返済期間などが異なるため、自分に合うキャッシング会社を選ぶようにしましょう。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断