キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【注意】返済をしなかったら電話などの取り立てがある!?

キャッシングをし、返済を遅れてしまった場合など電話などの取り立てがあるのではないかと不安になると思います。

では、キャッシング会社から電話などの取り立てはあるのでしょうか。

今回はキャッシング会社の電話などの取り立てについてお話しします。

キャッシング会社の取り立てはあるのか

返済日が遅れるとキャッシング会社からの取り立てはあります。取り立てと聞くと、あまり良いイメージをしませんが、その会社の規模によって異なり、大きな違いは取り立てのスピードが違います。

それぞれの会社の規模の取り立てについて順に説明していきます、

大手キャッシング会社の場合

基本的には、借入者のプライバシーを考慮したマニュアル対応をしてくれます。返済が数日遅れた場合、最初は電話やハガキで「お支払いの返済日からお支払いの確認がとれません」というような内容の連絡があります。その際は、借金の返済についての連絡であることは他人に気づかれないように借入者のプライバシーを守ります。

ここで入金の約束とすると連絡はありませんが、入金をしなかった場合、毎日電話がかかったり、職場にも電話がきたり、さらに直接自宅訪問するケースもあります。

中堅・小規模のキャッシング会社の場合

中堅、小規模のキャッシング会社は、取り立てのスピードが速く、大手ほどマニュアル的でないため、担当者によっては、言葉遣いが荒かったり、厳しい口調を使ってきます。

大手の場合は、約1ヶ月後ぐらいに職場や自宅に訪問してきますが、中堅・小規模のキャッシング会社の場合は、約1~2週間で訪問してきます。

小規模な会社ほど、返済に敏感であり、その分取り立ても厳しくなります。

取り立てがあっても返済しなかったら

上記のように取り立てがあっても返済しなかった場合、「一括返済」を求められるようになります。小規模な会社ほど、そのタイミングが早く、最悪の場合、法的措置として、督促状が送られてきます。裁判にするケースは多くはありませんが、多額の場合は、裁判になることがあります。

それでも返済がない場合、キャッシング会社は専門の債権回収会社に取り立ての依頼をします。債権回収会社といっても、やくざのような恐い取り立てをするのではなく、あくまで法律に認められている行動をします。滞納者の住民票や戸籍情報を持っているので、逃げるような行為をしても、すぐに分かってしまいます。

法律違反をしている取り立てとは

取り立ての際は、賃金業法という法律が定められているので、その法律を認められていない行為は、法律違反になります。

その法律違反になるような行為を順に説明していきます。

①勤務先への取り立て規制

自宅以外の場所にむやみに電話をかけたり、FAXや電報を送ったり、訪問することは法律違反になります。特に勤務先への取り立てには制限があります。

しかし、正当な理由がない限りという条件なので、自宅や本人の連絡が取れない場合は、正当な理由として認められ、訪問はされないものの、職場にも電話がかかってくる可能性があります。

②借入者の情報を第三者に明かすこと

貼り紙や落書きなどで、その人に借金があることを他人に伝えることは法律違反になります。そのため、口頭で伝えることも違反になります。

また、キャッシング会社だと名乗って職場に電話する行為も違反になります。

③暴力的な言動、威嚇的な態度

テレビドラマなどにある、取り立てに来た人が借入者の自宅のドアを蹴ったり、大声で怒鳴ったりするなどの行為は、すべて違反になります。大人数で押しかける行為も禁止です。

つまり、借入者の私生活や業務の平穏を害するような言動はすべて法律違反になります。

④早朝・深夜の取り立て行為

21時から8時までの間に借入者の自宅を訪問したり、電話またはFAXなどをすることは法律違反になります。日中であっても、同じ日に何回も連絡したり訪問する行為も同様です。

⑤支払義務のない方への取り立て

借入者の配偶者、子供、親、兄弟、友人など身内であっても、保証人になっていない限り返済の義務はありません。したがって、その方たちへの取り立ては法律違反になります。

⑥別の新たな借入による返済の要求

他社で新たに借りて返済するよう要求したり、クレジットカードを使った弁済を要求することは、強要罪にあたります。なので、耳にする他社に借金してでも返せという言葉は通用しないということです。

⑦弁護士などの専門に債務処理を依頼した後の取り立て

債務者が借金の処理を弁護士や司法書士に依頼し、債務処理や自己破産をした場合、その後の取り立ては法律違反になります。

取り立てがないようにしっかりとした計画を

上記にあるように、借入者も法律に守られているため、過度な取り立てはされませんが、やはり取り立てされるだけでも、いい気持ちではありません。なので、取り立てがないような無理のない計画をすることが大切です。

あらかじめキャッシング会社の比較を行い、自分に合ったキャッシングを行いましょう。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断