キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

キャッシングの返済に時効は存在する!!

キャッシングの返済に時効があるのかと疑問に思う方もいると思います。

では、キャッシングの返済に時効は存在するのでしょうか。

今回はキャッシングの返済の時効についてお話しします。

キャッシングにも時効がある

時効という言葉を耳にしたことがありますが、ほとんどが罪から逃れるイメージがありますが、キャッシングにもあります。

法律上では返済の時効を「商事債権の時効」といいます。民法において借金の時効期間は10年になっていますが、キャッシング会社の場合は、先述した「商事債権」が適用されます。

最終取引から5年を経過すれば債権の消滅時効が成立し、返済義務が消滅します。最後に返済した日から数えて5年目が時効の成立になります。

キャッシングの時効の条件

キャッシングの時効には、2つの条件が必要です。

一つは、時効が中断していないということです。つまり、キャッシング会社が返済要求を全く行わないことであり、キャッシング会社が公的機関で手続きをし、返済要求を行えば、その時点で時効は中断になります。ただし、キャッシング会社からの取り立ての電話や催促状を送っても口頭と同じ扱いになるので、中断になることはありません。

キャッシング会社は、お金が返ってこなければ損失になります。そのため、借入者に貸付を行い、5年間返済要求を行わないとは考えづらいことです。最近では、返済要求の催促に応じない借入者に対してすぐに裁判所での手続きをし、時効の中断をするキャッシング会社が多くなっています。

時効にする二つ目の条件は、採用手続を行うことです。犯罪の時効は時間が経過してしまえば時効が成立してしまいますが、商事債権の場合は時間が経過しても時効にはなりません。

借入者が借入をした金額を返済しないと宣言する採用手続が必要になるのです。時効の中断がなく、5年経過しても、この採用手続を行わない限り、商事債権の時効の成立になりません。

時効は簡単に成立しない

安易に時効目当てでキャッシングを行うと痛い目に遭います。キャッシング会社もその手のプロなので、なんらかの対処してくるので、時効にすることは難しいでしょう。

また、時効になる5年間の間は、生活環境に影響を及ぼす可能性があり、住民票などを移せないとなると、生活が不自由になります。業者は定期的に確認しているため、移動したら、すぐに居場所が特定されます。

完済できるようなキャッシングを

審査が通って、いつでもお金が手に入るといっても、借金は借金です。確かに、時効が成立した事例もありますが、ごくまれです。なので、時効があると安易に考えず、しっかりとした返済計画を作りましょう。

キャッシング会社によって、金利、審査、最低返済額など異なるので、自分の状況に合ったキャッシングを選ぶことも大切です。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断