キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【不安解消】返済が遅れるとブラックリストになるの?

なんらかの原因で返済が遅れてしまうケースがあります。そうなると、ブラックリストになってしまうのではと不安になっている方もいると思います。

そこで、今回は返済の遅れに対するブラックリストについてお話しします。

ブラックリストとは

よく耳にする「ブラックリスト」というのは、実は金融業界には存在しません。

では、ブラックリストとはなんなのでしょうか。

キャッシングをする際、借入者の返済状況や借入状況などの情報が「信用情報機関」に登録されます。キャッシング会社に申込みをする際も同様に登録されます。

ある一定期間の返済が遅れたり、自己破産、債務整理を行った場合、「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報とも呼ばれます)」として登録されます。これを通称「ブラック情報」と呼び、俗に「ブラックリスト」と広く言われているのです。

返済が遅れるとブラック情報になるのか

1ヶ月、2ヶ月の返済が遅れてもブラック情報になりません。しかし、3ヶ月以上の遅延は、ブラック情報に登録されます。そうなると、キャッシングの申込みや住宅ローンなどの金融機関の審査が通りにくくなり、キャッシング枠も少額になってしまいす。

返済が遅れるのに連絡せずに放置するよりかは、キャッシング会社に相談してなんらかの処置をとった方が良いでしょう。

返済が遅れると遅延損害金が発生する

返済が遅れると「遅延損害金」が発生します。

遅延損害金とは、借入者が返済日に返済できなかった場合に発生する損害賠償金です。別名で、遅延利息ともいわれます。遅延損害金は、借りた元本の返済と利息の支払いとは別に、遅延損害金を支払わなくてはいけません。

キャッシングの遅延損害金の上限利率は利息制限法で20%と定められ、ほとんどキャッシング会社が上限の20%と設定しています。

遅延損害金の計算方法

  • 計算式
  • 借入残高×遅延損害金年率÷365日×期限の利益喪失日の翌日から経過日数

  • 借入残高80万円で、遅延損害金年率20%、支払い日から10日遅延の場合

    80万円×20%÷365日×10=4,383円

    ブラック情報にならないように計画を

    ブラック情報に登録されると、今後の生活に影響を及ぼす可能性があります。なので、キャッシングをする際は、いつまでに返済するのか、返済額はいくらなのかなど細かく返済計画を経てることが大切です。

    また、金利、最低返済額、審査などキャッシング会社によって異なるので、それぞれ比較し、自分に合ったキャッシング会社を選びましょう。

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    一秒で借りれるか分かる!借入診断

    一秒で借りれるか分かる!借入診断