キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【簡潔】銀行カードローンのメリットとデメリット

キャッシングを考えている方は、現金の借入をしたい場合、消費者金融よりも銀行カードローンを選ぶことが多いでしょう。

しかし、なぜ銀行カードローンがいいのでしょうか。

今回は銀行カードローンのメリットとデメリットについてお話しします。

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは、銀行から無担保・無保証で、借入限度額まで借入ができるサービスです。銀行カードローンによっては、その銀行の口座開設をしなくても、借入ができることもできます。

銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行カードローンのメリット

①金利が低い

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で借入ができます。そのため、キャッシングをしても返済が大変になることがありません。

②総量規制の対象外

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収額関係なく審査さえ通れば、銀行が定める借入限度額まで借入ができます。

③安心信頼できるキャッシング

キャッシングを耳にすると、闇金などあまり良いイメージをしないと思いますが、銀行カードローンは聞いたことがあるような銀行が直接運営しているので、安心信頼して借入ができます。

④利便性が良い

銀行が運営しているため、コンビニなどのATMを利用できます。そのため、急にお金が必要になり借入したいときなど、利便性がある銀行カードローンなら困ることがありません。

銀行カードローンのデメリット

①歯止めが効かなくなる

銀行カードローンは上記のように利便性があり、銀行が定める借入限度額まで借入が可能なので、歯止めが効かなくなり、多額の借入をしてしまう可能性もあります。

そのため、自分の借入額を把握しつつ、計画のあるキャッシングすることが大切です。

②多額のキャッシングをすると金利の支払いが大変になる

多額のキャッシングをすると、金利が少しずつ下がっていきますが、その分の借入額が大きいため、結局のところ利息分が大きい金額になってしまいます。

③審査に時間がかかり通りにくい

消費者金融よりも、審査に時間がかかり、通りにくい点があります。そのため、即日ほしい方には、向いていない賃金サービスともいえます。

④土日・祝日は審査ができない

土日・祝日にインターネット申し込みをしても、審査が翌営業日になるため、その日に融資を受けられません。

メリットとデメリットを把握し銀行カードローンを利用しよう

銀行カードローンのキャッシングを行う際は、メリットとデメリットを把握し、自分に合ったキャッシング会社を選びましょう。また、銀行によって定める金利、最低返済額、審査が異なるため、事前に調べておくことも大切です。

金利が低く、多額を希望している方は、銀行カードローンがおすすめです。

またキャッシングカードを一枚も持っていない方は、突然の出費によるトラブルの対処法として、複数持てとはいいませんが、せめて一枚、二枚は持っておくことをおすすめします。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断