キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

【申込者着目】銀行カードローンのキャッシングまでの流れ

キャッシングの一つである「銀行カードローン」を申込みをする際に、気になるのは、どういった流れで行われるのかという点ではないでしょうか。

そこで、今回は銀行カードローンのキャッシングまでの流れについてお話しします。

銀行カードローンのキャッシングまでの流れ

  • ①申込み方法
  • インターネット、電話、店舗、郵送の申込みができます。インターネットが身近になり、利用者が増えてきたと同時にインターネットの申込が主流になっています。Web上で必要事項を入力して、身分証明書のデータをメールに添付するだけで申込みが完了するので、申込者のほとんどの方がこの方法を利用しています。

    収入の証明ができる書類は、1社での借入総額が50万円を超える場合と、複数のキャッシング会社の借入総額が100万円を超える場合、最初から提示が必要になるなど各銀行によって必要になるか異なります。

    申込みの際に、本人確認書類と収入の証明ができる書類は用意しておきましょう。

  • ②審査
  • 銀行カードローンの審査基準は各銀行によって異なりますが、年収、勤務形態、勤続年数、借入状況などの信用情報機関にある信用情報データと申込書を参考にし、審査が行われます。信用情報にキズがついていたり(俗にいうブラック情報)、申込者と信用情報が異なると虚偽があると判断されると、審査に落ちてしまいます。

    また、審査の際に電話確認・在籍確認が行われ、キャッシング会社が何度も電話してもつながらない、そもそも在籍していないと発覚した場合も審査に落ちてしまいます。

  • ③キャッシングカードの発行
  • 審査を通過すると、キャッシングカードの送付か無人契約機などからキャッシングカードを受け取ることができます。

    そのキャッシングカードを利用して、無人契約機内のATM、コンビニやスーパーなどにある提携ATMから限度額の範囲内でのお金の引き出しができるようになります。キャッシングカードと提携ATMさえあれば、いつでもどこでもお金を引き出せるようになります。

    また電話やインターネットから指定の銀行口座にお金を振り込んでもらうこともできます。

    銀行カードローンの返済方法

    ATMからの返済が多いですが、口座振替(自動引き落とし)、銀行振込み、窓口振込みなど返済方法は借入者が返済しやすい方法を選ぶことができます。最近では、Web決済をする方も増えてきています。

    キャッシング会社によって、最低返済額は決まっているため、その金額以下の返済では遅延損害金が発生してしまうので、注意してください。逆に最低返済額よりも大目に返済することも可能なので、余裕があるときは返済総額を減らすためにも、大目に返済しましょう。

    また口座振替の際は、口座残高を気に掛ける必要があるので、給与が振り込まれる口座に設定しましょう。そうすれば、残高不足により発生する遅延損害金の心配がなくなります。

    多額で金利が低いキャッシングなら銀行カードローン

    銀行カードローンは消費者金融よりも時間がかかりますが、総量規制の対象外になるので年収や職業関係なく、各銀行が定める借入限度額まで借入が可能になります。なので、消費者金融よりも多額のキャッシングができます。

    また消費者金融よりも金利が低いので、返済に苦しくなることも少ないでしょう。

    一枚、二枚だけでも持っておきましょう

    人生には突然のトラブルに見舞われ、お金が必要になることがあります。そういったときにキャッシングカードを持っていると、問題を解消できます。なので、念のためにも、一枚、二枚だけでもキャッシングカードを作っておくことをおすすめします。

    その際は、キャッシング会社の特徴を把握し、自分に合ったキャッシング会社を選ぶようにしましょう。

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

    一秒で借りれるか分かる!借入診断

    一秒で借りれるか分かる!借入診断