キャッシングマッチNaviキャッシングマッチNavi 安心の即日融資徹底比較サイト!

アイフルの借入・返済方法

キャッシング会社によって、借入・返済方法は異なります。

もちろん、アイフルも違います。

では、アイフルの借入・返済方法はどうなっているのでしょうか。

今回はアイフルの借入・返済方法についてお話しします。

アイフルの借入・返済方法について

アイフルの借入方法

アイフルの借入方法は「ATMからの借入」「インターネットからの借入」「電話からの借入」の3つの方法があります。

また、他社と違いアイフルは1000円単位からの借入が可能です。

それぞれの借入方法について説明していきます。

ATMからの借入

アイフルはATMからの借入ができます。その都度、手数料がかかるので、注意してください。

アイフルが提携しているATMは以下になっているので参考にしてください。

提携しているATM借入返済提携しているATM借入返済
三菱東京UFJ銀行イオン銀行
セブン銀行イーネット
(イーネットの印があるATM)
西日本シティ銀行親和銀行
熊本銀行×福岡銀行×
ローソン
Loppi
×ファミリーマート
Famiポート
×

インターネットからの借入

パソコンやスマホなどの携帯がインターネットにつながれば、いつでもどこでも借入の手続ができます。ただし、その際に振込み先の銀行口座の手続をする必要があります。

当日の借入も可能ですが、手続きの時間帯によっては、翌営業日に振り込みになります。

電話からの借入

電話でも振り込みの手続ができます。オペレーター(アイフルスタッフ)が対応し、指定の銀行口座に振り込んでもらえます。ただし、インターネットと同様に、手続の時間によっては、翌営業日に振り込みになります。

アイフルの返済方法

アイフルの返済方法には、「指定口座への振込み返済」「自動引き落とし」「ATMからの返済」の3つの方法があります。

それぞれの返済方法について説明していきます。

指定口座への振込み返済

全国の金融機関の窓口・ATMから返済が可能です。契約時に記載してあるアイフル店舗の指定口座に振り込む形になります。

また、その際の手数料は返済者の負担になってしまいます。

自動引き落とし

借入者の指定の金融機関から自動引き落としの返済ができます。わざわざ返済しに行かなくて済むので、手間がかからない方法です。

ただし、自動引き落としの期日に口座が返済不足になっていると、遅延損害金が発生し、利息や借入額とは別に支払いといけなくなるので、給与が振り込まれる口座に設定しておくと良いでしょう。

アイフル店舗窓口・ATMから返済

全国にあるアイフルの店頭窓口やATMから返済ができます。またコンビニなどのATMからの返済も可能ですが、その際に手数料が発生してしまいます。

コンビニに返済する際、返済可能なATMも限られているので、上図にある「提携しているATM」を参考にしてください。

約定日制とサイクル性

アイフルには、二つの返済期日を選ぶことができます。一つは「約定日制」で、二つ目は「サイクル制」です。

約定日制は借入者の返済日を指定することができる制度です。サイクル制は、借入日から「35日ごとの返済」になります。なので、決まった日はなく少し余裕のある返済が可能になります。

キャッシングカードを一枚だけでも持っておきましょう

キャッシングは現在でも、あまり良いイメージが付いていないの現実ですが、法の改正により、利用者の負担が軽減され、キャッシングが身近なものになってきました。そのためか、キャッシングの利用者や発行数も増加しています。

クレジットカードとキャッシングカードの両方を持っている方も少なくありません。ほとんどの方が念ために持っているという意見が多いです。もし持っていないのであれば、念ためにも一枚は持っておきましょう。

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

今すぐ借りられるキャッシング一覧 最短の即日キャッシング

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

キャッシング適正審査、あなたに最適なカードローンは?

一秒で借りれるか分かる!借入診断

一秒で借りれるか分かる!借入診断